理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2013年03月28日

領土問題を解決するために

今回は、非常に重いテーマの1つを取り上げます。


最近、政治問題について触れることが多かったので、
その勢いで取り上げることにしました。


北方領土、竹島、尖閣諸島など、
他国と日本との領土問題についてです。



と言っても、
ここですべての議論を書くわけにもいきません。


大きな方向性についてだけ、
ちょうど良い題材があったので、
それを取り上げることで言及したいと思います。



ニュースに、和田春樹東大名誉教授が
「韓国の独島領有権、日本が早く認めるのが最善」
と主張したことが載っていました。

http://goo.gl/CGDcQ


その記事の冒頭には、
以下のように教授の言葉が紹介されています。


「韓国が実効支配する“独島=竹島”に対する
主権の主張を日本が断念すること以外に方法はない。
この決断は早ければ早いほどいい」。


その理由を、次のように述べています。


「実現する見込みがない主張を続けて
韓日関係、日本人と韓国人の感情を
ますます悪化させるのは愚かさの極致」。


そして、この意見は一種の妥協案であり、
領有権を認める代わりに漁業権を認めてもらうこと、
経済水域の基点を独島に置かないようにすること、
という提案なのだそうです。



私はこの記事を読んで、
これもまた1つの方法だなと思いました。


いくら日本が正当性を主張したとしても、
韓国が国際司法裁判所の提訴に応じない限り、
韓国の意志に反したままで竹島を取り戻すのは
無理というものです。


それでもと言うなら、
昔ながらの力づく外交(最終手段は戦争)を行うのか
ということになるのですが、
それも日本はすでに放棄しています。


残されたのは、これまで通りに自己主張を繰り返し、
互いの国が自国の国民に憎しみの感情を
植え付け続けるというもの。


そしていつか、
どちらかの国の国民感情が変わるのを待って、
交渉しようとするものです。


おそらくそれくらいしか選択肢がないと思うのですが、
どうでしょうか?



日本の理想とすれば、
韓国側が「間違っていた。悪かった。」と言って、
竹島を返してくれることでしょう。


そして、「今までの恨みはお互いに忘れて、
これからは仲良くしていこう。」と言って、
良好な関係が築かれるのがベストです。


けれども、そんなことが可能でしょうか?



こういった硬直した状況では、
「日本がもっとも優先すべき価値観は何なのか?」
ということが、問題になると思うのです。


正義でしょうか?


それとも、物質的な領土そのものでしょうか?


あるいは、領土に付随する漁業権とか、
資源の開発権でしょうか?


いやいやそうではなく、
隣国との良好な関係が最優先されるべきでしょうか?


どの価値を重視し、優先するかによって、
対応手段が違ってくると思います。




しかし、価値観は人それぞれです。


どれをもっとも重要と考えるかは、
人によって異なるのです。


ですから、どの考え方が正しくて、
どの考え方が間違っているというものではありません。


ましてや、質が異なるそれぞれの価値を比較し、
どれかを優先的に選択するとなると、
人によって考え方が異なっても当然と言えるでしょう。


どの選択肢も、一長一短があるのです。



ですから、領土権の正当性を放棄する代わりに、
漁業権や資源開発権の一部といった
実質的な利益を得ようとする考え方も、
十分にありだと思うのです。


ましてや、それによって両国のわだかまりが薄まり、
未来の良好な関係づくりに役立つのであれば、
それも1つの方法だと思うのです。




ニュースのコメントには、
「非国民」「売国奴」などと、まるで戦中のように
教授を非難する言葉が見られます。


そして、それらの非難に同意する数多くの人々。


そういった言葉で政府批判が封じられ、
誰もが戦争を止められなかったことへの反省は、
もう今の人々の心にはないのでしょうか。




このメルマガのタイトルは、
「自由に生きる!幸せに生きる!」です。


どうしてこういうタイトルにしたかと言うと、
自由に生きることが、
幸せに生きることにつながると思うからです。


自由と幸せとは、切っても切れない関係なのです。


そして自分が自由になるためには、
他人の自由を受け入れなくてはなりません。


他人の自由を縛っていては、
自分の心は自由になれないのです。



誰かを非難するということは、
他人の自由を許さないという気持ちです。



つまり、他人が特定の考え方をいだき、
特定の言動をすることに執着しているのです。


その執着が、自分の自由を奪っています。




領土問題も、心が自由になれば、
もっといろいろなアイデアが出てくるでしょう。


Win-Winの関係を築くための、
素敵なアイデアが湧いてくるかもしれません。


「負けるが勝ち」という言葉もあるように、
一見「負け」と思えることが、
実は「勝ち」をもたらすかもしれないのです。


自由であること。そして幸せであること。


それらを原因として、
将来を築く者になりたいと思うのです。
 
posted by ジャンメダイ at 18:15| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。