理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2011年09月26日

考え方を変えてみる

  タイには、不思議な習慣がある。


  カゴに入った鳥を買い、逃してやるのだ。


  鳥の命を救ったということで、徳を積むという。


  同様に、魚を放してやったり、
  象に餌をやることも徳を積むことになる。


  いずれも、ちょっと変だと感じるだろう。


  だって、わざわざ鳥や魚を捕まえなければ、
  逃がす必要もないのだ。


  象だって、捕まえなければ餌をやらなくても、
  自然の中で生きていくだろう。



  偽善。


  まさにその言葉がふさわしいと感じた。


  だがタイの人々は、まじめにそれらをタンブン
  (布施などで徳を積むこと)だと言う。



  ある日、公衆トイレに入った。


  降ろしてある便座がひどく汚れている。


  「いやだな。他のトイレに行くか。」


  そう思ったが、
  ふと考え方を変えてみようと思った。



  「ここに入ったのも何かの縁だしな。」


  私は用をたすために、
  ティッシュで便座をきれいに拭いた。


  「もし私がここに入らなかったら、
   この便座は汚いままだっただろう。」


  「次にここに入った人は、私と同じように
   嫌な思いをするに違いない。」


  「ということは、私が便座をきれいにすることで、
   次の人を喜ばせることになるのでは
   ないだろうか。」


  「そう考えたら、これは
   ラッキーなことかもしれない。」


  「だって私は、誰かを喜ばせる機会を
   得た
のだから。」



  そう考えた時、ある考えが浮かんできた。


  「考えてみると、私が便座をきれいにできたのは、
   その前に汚してくれた人がいたから
   とも言える。」


  「その人には私のためという意識が
   なかったとしても、結果的に
   私のためになった。」


  「ということは、便座を汚した人は
   私にとって恩人とも言える。」


  「こんな風に考えると、私にとって悪いことなど、
   何もない
のかもしれないな。」



  そんなことを考えながら用を足していると、
  またもう1つの考えが浮かんだ。


  「これは意識しているかしてないかの
   違いがあるだけで、解き放つための鳥を
   売ることと同じではなかろうか。」


  「便座を汚す人は、何も意識していなかった。」


  「一方で鳥を売る人は、それを意識している。」


  「自分はただ、
   その時に良かれと思うことをするだけ。」


  「それが誰かを喜ばせ、自分も幸せになれる。」


  「だからその機会を作ってくれた人は、
   私を手助けしてくれたことになる。」



  もちろん、最初から鳥は
  自由な方が良いのかもしれない。


  便座も、最初からきれいな方が良いのだろう。


  でも私は、汚い便座に出合った。


  捕まえられた鳥に出合った人もいる。


  そこが自分にとってのスタートだ。


  そこでどう考えるかが、
  自分にとっての問題なのだ。


  それを偽善と考えて、何もしないこともできる。


  悪いのは汚したヤツだと言って、
  見て見ぬ振りをすることもできる。


  それは、完全に自分にとっての自由。



  現実は常に、私自身の判断を求めてくる。


  「こんな状況ですけど、どうしますか?」


  そのとき、現実を生み出した原因を
  批判することもできる。


  だが、それで自分が何もしなければ、
  何もしないという選択をしただけなのだ。


  果たして、何もしないことが
  自分らしいことなのか?


  問われているのは常にそれだけなのだと
  考えることもできると思うのだ。

ラベル:考え方 偽善
posted by ジャンメダイ at 17:13| Comment(0) | オリジナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

泣けるタイのCM

タイ生命保険のCMは、ドラマ仕立てで秀逸です。

前回の「愛すること」で紹介した3本に続き、また別のCMを紹介しましょう。


●タイの泣けるCM "タイ生命保険〜聾唖者の父編〜"

思春期の娘は、もっと普通の父が欲しかった。

学校では、「汚いツンボの子ども」とバカにされた。

そんなことも知らず、世話をやく父が疎ましかった。

「お父さんは、私の気持ちなんかちっともわかってない。」

そう言いたかったが、言えなかった。

気を紛らそうと、男友達と遅くまで遊んだ。

父は、「遅くまで何をやっているんだ」と私を叱った。

ついに私は、父に怒りをぶつけた。

でも、むなしさは消えなかった。


今日は、娘の誕生日だ。

ケーキを用意して、娘が降りてくるのを待つ父。

そのとき、2階で大きな物音が。



自殺未遂をした娘は、病院に運び込まれた。

言葉が話せないもどかしさ。

必死に身振り手振りで、医師らに思いを伝える父。

「どうか娘を助けてやってくれ。」

「私にはお金も家もある。それを全部あげるから。」

「私の娘を死なせないでくれ。」

<回想>

「しっかり食べて、大きくなれよ。」

「学校ではいい子にするんだよ。」

「今日は娘の誕生日なんだ。」

ケーキには、こう書いてもらった。

「幸せになりますように。・・・おまえを愛しているから・・・」

ケーキを前にして、娘に話すことを確認する父。

「お父さんは、生まれた時から耳が聞こえなかった。こんなお父さんで、ごめんな。」

「他に父親と同じように話すこともできない。」

「でも、おまえに言っておきたいんだ。お父さんは、誰よりもおまえを一番愛していると。」


自殺未遂の娘を抱え、病院を探し歩き、やっと辿り着いた。

「オレの血をやってくれ。」

父から娘へ、血が注がれていく。

たくさん愛してくれた父の血が、私の体の中に。



●タイの泣けるCM "タイ生命保険〜トーイお母さん編〜"

病院では今日も、トーイお母さんの元気な歌声が響いている。

明るくて、みんなを元気づけてくれる歌声だ。



街の片隅で、捨てられて一人ぼっちでいた女の子。

足が不自由で、物乞いをして暮らしていた男の子。

盗みばかりして、警察のお世話になっていた男の子。

それがトーイお母さんの、今の子どもたちだ。

貧しくても、家族みんなで明るく幸せに暮らせる。

トーイお母さんがいれば、子どもたちも幸せだった。

バスで何時間も揺られて、海へ遊びに行った。

生まれて初めて見る海。

本当にすごかったなあ。


ある日、医師から癌だと告げられた。余命2年。

それでもトーイお母さんは明るい。

「わたしゃ運がいい。2年もあれば、たくさんのことができるからね。」

見捨てられて、愛に飢えた子どもたちに、トーイお母さんは伝える。

「人間はみんな、素晴らしい価値を持っているんだよ。」

「お金がなくても、偉くなくても、幸せになれるのさ。」

「人のために生きることができるし、他の人を幸せにできるんだから。」


今日も、トーイお母さんの明るい歌声が病院に響きます。

病院の誰もが、トーイお母さんの歌声で幸せな気分になるのです。


posted by ジャンメダイ at 13:00| Comment(0) | オリジナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。