理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2013年02月23日

侍ジャパンに期待します

第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に
出場する28名の選手が選出されたという
ニュースがありましたね。


ところがその中に、
選出方法に意義を申し立てるものがありました。



28名の選手を選ぶのに、33名を招集して合宿を行い、
5人を落選させるというものだったからです。


プロ野球の一流の選手に対して、
それは失礼な扱いだと言うのです。


その記事によれば、
参加した選手からも不満の声ばかり聞かれるとのこと。


中には、
張り切ってやっても落とされたら恥をかくから、
適当にやりますと言った選手もいるとか。


その選手の声が真実かどうかはわかりませんが、
この記事を書いた記者の見方は、
かえって一流のプロの選手に恥をかかせるものだ
と感じました。



選考方法が正しいかどうかなど、
その人の見方によって変わります。


今回は監督に選ばれた山本浩二さんら首脳陣が、
この方法が良いと判断した結果なのでしょう。


ですから私は、その考え方を尊重したいと思います。



では、
こういう5人を最終的に落とすという選考方法が、
選手たちに失礼で、恥をかかせるようなものと
本当に言えるのでしょうか?


私は、そういう見方はしません。


なぜなら、人の能力はそれぞれですから、
単純に上下を比較して決められるようなものでは
ないからです。



たとえば、投手と野手というだけでも、
まったく異なるものです。


たとえば、
野球センスが非常に優れた投手がいたとしても、
投手に必要と考えられている人数枠を越えているなら、
その投手よりも野球センスが劣った野手の方を
採用するでしょう。


同じことが、
たとえば同じ外野手同士であっても起こり得ます。


ある外野手は強肩で、別の外野手は俊足でした。


それ以外の能力がほぼ同じだとした場合、
どちらが選ばれるべきでしょうか?


これは、
選手同士の能力の優劣ではなく、首脳陣の戦略、
つまり価値観が結果を左右する問題です。


また、打撃能力が共に同じ選手がいたとしても、
一方は変化球に強くて、もう一方は直球に強いなど、
その特性も異なるでしょう。


そしてさらに重要なのが、
その時点での選手の仕上がり具合という、
これまた数字にできない要素です。



このように、28名枠に選ばれた選手は優秀だが、
落とされた5人は劣っているなどと
言えるはずがないことは明らかなのに、
どうしてそう考えなければならないのでしょう?


そう考えるから、
「恥をかかされる」とか、「ひどい仕打ち」という
判断が出てくるのではないでしょうか?



考え方は人それぞれです。


固定的で絶対的な価値観があるわけではありません。


もちろん中には、
「ひどい仕打ち」だと考える人もいるでしょうし、
おそらく記事を書いた記者もそう思ったのでしょう。


けれども選手たちは、
33人に選ばれた優れた侍ではないのでしょうか?



本物の侍というのは、主から「死ね」と言われれば、
顔色一つ変えずに「わかりました」と答えるもの。


それは、命は主に預けてあるもので、
自分は忠義に生きると決めているからできることです。


生きるか死ぬかという重要なことでさえ、
それよりもっと重要だと考える忠義のために、
完全に捨て去ることができる人たちを、
本物の侍と呼ぶのです。



選ばれた28名と落とされた5名とで、
何がどう違うと言うのでしょう?


たまたま選ばれただけだし、
たまたま選ばれなかっただけです。


顔色一つ変えずに
「わかりました」と言って引き受け、
それぞれの責務を果たすだけではありませんか。


それでこそ、本物の侍であり、
侍ジャパンにふさわしいプロの選手だと思うのです。




「恥をかかされた」とか言って首脳陣を批判したり、
「ひどい仕打ち」などと言って同情することは、
それこそ彼らを侮辱するものだと私は思います。



彼らは、世界の強豪と戦うために選ばれた、
プロ中のプロです。


落とされた5人も、選ばれた28名に故障者が出れば、
すぐに代わりに補充されるべき人たちです。


仮に戦う場が与えられないとしても、
それぞれの場でベストを尽くす。


それができる本物の侍として選ばれた選手たちです。


ですから私は、彼らの活躍に期待すると同時に、
その素晴らしさを讃えたいと思うのです。


「がんばれ、侍ジャパンの侍たち!」
 

ラベル:WBC 野球 選手 落選
posted by ジャンメダイ at 20:33| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。