理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2012年12月27日

ほしいと思うから得られないのです

「恋人が欲しいなあ。」


そんなことを、なんど切実に考えたでしょうか。


私にできる限りのあらゆる方法を考え、
試してみたと思います。


私にできないのは、
・背が高くてかっこいい二枚目になること
・運動神経抜群のスポーツマンになること
・口達者な三枚目として笑わせること
・何でも買ってあげる金持ちになること
・超一流大学を出たエリートになること

くらいでしょうか。


まあ、一般的に女性が憧れる対象とは、
ほど遠かったということです。(爆)



ただ、自慢できることもありました。


それは優しさです。


優しさなら負けないと思っていました。


相手を気遣うことにかけては天下一品。


そう自負していたのです。



しかし、その気遣いが災いします。


「私みたいなモテない人間が誘ったら、
相手が迷惑するんじゃないだろうか?」


そんな思いから、
積極的にデートに誘うことさえできませんでした。


自分から接点を持とうとしないのですから、
恋人ができなくても当然かもしれませんね。




そんな私が変わったのは、「諦めた」からです。


「別にもう、恋人なんかいなくてもいい。
一生、独りで暮らしてもかまわない。」


そうやって開き直ったとき、恋人ができました。


「いや無理に、
恋人でいてくれなくてもいいんだよ。」


相手に何も望まなくなったとき、
自分らしさを出せるようになりました。


変に相手に気遣って、
もじもじおどおどする必要性がなくなったのです。


すると、
そういう私を魅力的だと、相手が言うのです。



不思議でしたね。


あれだけ「欲しいー!」と願い続けたときは、
まったくできなかった恋人。


それが「もう要らない」と思った途端、
何の苦労もなくできたのです。




でも考えてみれば、
これこそまさに宇宙の法則通りでした。


宇宙の法則は、
「あなたが思ったことが実現する」という、
いわゆる「引き寄せの法則」です。



潜在意識の働きと言う人もいますが、
同じことです。


イエスキリストでさえ、
願ったことは叶うと言っています。


からし種一粒ほどの信仰があれば、
山を動かすことも可能だと。



「いやいやちょっと待って!
願っても叶わなかったんでしょう?」



そう問いたくなりますよね?


実は、願い方が違ってたのです。



「恋人がほしい」と願ったということは、
私には別の「想い」があったということなのです。


その別の「想い」こそが私の真実の思いであり、
強烈な思いだったのです。


それは、「恋人がいない」という欠乏感です。



私にとって、とても重要な「恋人という存在」。


それがいないのですから、私には重大事です。


その欠乏感が宇宙に発信され続けたのです。


「恋人がいない」「恋人がいない」「恋人がいない」


宇宙は応えました。


「わかった。あなたは「恋人がいない」のだ。」


こうして、
「恋人がいない」という現実を引き寄せていたのです。



その後、
「もう恋人なんていなくていい」と
考えるようになりました。


これは、
「恋人がいない」という欠乏感が緩和したのです。


そこで注意しなければならないのは、
私は「恋人がほしくない」と
思ったわけではないのです。


恋人がいたら嬉しいけど、
別にいなくてもかまわない。


つまり恋人に対する必要性が緩和し、
いれば好ましいという気持ちになったのです。




それによって、
「恋人がいない」という強烈な「想い」は、
宇宙に届かなくなりました。


その一方で、
「恋人がいる楽しさ」だけが宇宙に送られたのです。


だから宇宙はそれに応えて、
「恋人がいて楽しい」という現実を創ったのです。




聞いていてバカバカしいですか?


2000年も昔から、
繰り返し繰り返し言われてきた話ですが、
バカバカしいですか?


でも、どんなにこれをバカバカしく思っても、
誰もこの法則から外れることはできません。


宇宙の法則は、誰であろうと別け隔てなく、
この法則通りに創造を繰り返すのです。



問題は、
この法則を使うかどうかではありません。


法則は、使いたくなくても使わざるを得ないし、
現に使い続けているのですから。


そうではなく、意識して、意図的に使うのか、
それとも無意識に偶発的に使うのか、
という違いがあるだけです。




この法則をバカバカしいと考える人は、
常に後者でした。


ですから人生は、上手く行ったり行かなかったり、
他人や環境に翻弄されてきました。


本当は自分が創った(引き寄せた)現実なのに、
その現実に振り回され、
奴隷になることを自ら選択してきたのです。



「なぜ私の人生は上手くいかないんだー!?」


そう思う人は多いですが、
その原因が自分にあるのだと考える人は少ない。


せいぜい、
「自分が悪いんです」と自己卑下して、
本当の責任から逃れようとするだけです。



本当に自分の人生に責任を持つなら、
人生の主人になることです。



まちがいなく、あなたが
あなたの人生の主人なのですから。



現実は、
あなたが創った(引き寄せた)結果にすぎません。



それがどんな現実であっても、
あなたが様々な意識レベルで想ったことが
現実化したのです。


それを受け入れ、
結果である現実を自分の責任として引き受けることで、
やっとあなたは人生の主人として振る舞えるのです。




もしあなたが、
必要なものはなんでも創り出せる
(引き寄せられる)としたら、
その対象に執着するでしょうか?


執着などしませんよね?


だとしたら、
あなたが人生の主人になるということは、
執着がなくなることになります。



「恋人がいなくてもかまわない。
(なぜなら、いつでも創り出せるのだから。)」



「恋人」の代わりに、「健康」でも、「お金」でも、
なんでもかまいません。


あなたが欲しいと思うものは、
本当はあなたにとって必要ではない。



そのことが体に染み込むくらいに理解できたとき、
あなたは人生の主人として生き、
自由を感じながら幸せに生きることでしょう。




これが私からの、クリスマス・プレゼントです。

posted by ジャンメダイ at 21:35| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。