理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2012年06月27日

自由になれないのは○○○があるから

 ■自己変革3つのステップ   オフィシャルWEBサイトより


  今日は、私の考え方についてお話ししましょう。



  このメルマガのタイトルにもしていますが、
  「自由に生きる」ということが大きなテーマです。


  「自由」というのは、
  なんても自分の思い通りにやれること。


  基本的な人権に定められているように、
  人として生まれた時点で備わっている
  基本的な権利です。


  歴史的に見ても人々は、
  自由を勝ち取るために戦ってきた
  と言ってもよいでしょう。


  あるいは人間社会は、
  常に自由と統制とが争ってきた
  と言っても良いかもしれませんね。



  卑近な例ですが、
  最近日本では、レバ刺しの提供が
  禁止されることになったそうですね。


  ユッケで食中毒を起こし、
  生肉を食べることの危険性が指摘された、
  という背景があります。


  これなどもまさに、
  自由と統制の争いと言って良いでしょう。


  そもそも食中毒を起こしたのは、
  基準に従った食肉の処理をしなかったから。


  つまり反対派は、
  基準通りに処理しさえすれば防げる問題なので、
  一律に全面的に禁止するというのは、
  食文化の自由を侵害すると言うわけです。


  もちろん禁止賛成派にも言い分があります。


  客は、提供された肉が基準に従って
  処理されたのかどうかわからないのだから、
  そもそもそういう可能性のある肉を
  提供すべきでない。


  だったら食べなきゃいいじゃないか、
  という意見もありますが、
  提供されてたら安全だと思い込んでしまう、
  という反論もあるでしょう。


  どっちが正しいのか?
  それに対する答はありませんよ。


  どちらも、
  それぞれの価値観に従えば正しいのです。


  はっきり言えることは、
  禁止されれば自由が制限される、
  ということだけです。



  さてこの自由ですが、
  本来人間なら誰しも持っているはずなのに、
  どうして自由になれないのでしょう?


  特に日本は、細かい規則がいっぱいで大変です。


  エスカレーターは右側(関西は左側)を
  空けて並ばなければならない。


  電車内で携帯電話を使ってはいけない。
  優先席付近では電源も切らないといけない。


  こんなルール、外国の人は知りませんよ。


  マナー、規則、ルール、法律など、
  どんな呼び方をしようとかまいませんが、
  すべて自由を規制するものです。


  さらに常識だとか空気なんてのもありますね。


  こうやって、「ああしてはいけない」
  「こうでなければならない」など、
  自分の意思とは異なる考え方や価値観を
  押し付けられているのです。



  どうしてこんなことになるのでしょうか?


  それは、人々が必要性を感じているからです。


  その必要性の度合いが強ければ強いほど、
  より多くの、そしてより強制力のある規範が
  定められるのです。



  たとえば、
  先ほどのエスカレーターのマナーです。


  そうまでして全員を統制してでも、
  1分1秒を争って先に行きたい、
  先に行く必要性のある人が
  多いということでしょう。


  違いますか?


  それが証拠に、
  ちょっとでもはみ出したりして
  マナーを守らない人がいると、
  罵声を浴びせたり、わざとぶつかったりする。


  そうやって相手に非を認めさせ、
  罪悪感を抱かせないと気がすまないのでしょう。


  そうする価値があると感じているから、
  そうするのではありませんか?


  つまりそれだけ、
  マナーを守らせる必要性があると
  思っているということです。




  どうしてそんなに強い必要性を
  感じてしまうのでしょうか?


  それは、心に不安を感じているからです。
  安心できないからです。



  他人がマナーを守らないということは、
  マナーを守っている自分の
  価値観が減少する気がして、
  許せない
のです。


  自分が攻撃されているように感じるから、
  必死で抵抗するのですよ。



  もちろん、自分の自由意思で
  規範を守るということはあります。


  ルールを守りたいから守るというのも、
  これもまた自由です。


  それが本当に自由でやっているかどうかは、
  その考えに従うときに
  楽しいかどうかでわかります。


  自分が自由に考え、行動するときは
  楽しいものです。




  他人が自分と
  同じようにしないと気に入らないのは、
  それは自由でやっているのではなく、
  必要性に迫られてやっているからです。


  「私にだけ規範を守らせておいて、
   あなたが守らないのはずるいよ。」


  そういう気持ちが湧いてくるから、
  他人の逸脱を許せないのです。



  自由は、生まれもった性質です。


  ですから、
  誰からも制限されることはありません。


  制限しているのは、自分自身です。


  自分が必要性を感じることによって、
  自分の自由を制限しているのです。




posted by ジャンメダイ at 18:33| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。