理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2012年06月13日

素敵な贈り物を受け取りますか?

 ■私の行動は酷いことなのでしょうか?    発言小町より


  今日は、人生相談からです。



  相談者は、結婚式を控えた女性。

  従姉妹の結婚披露宴への出席を
  仕事を理由に断ったそうですが、
  それが非常識かどうかという相談です。



  おばさんの家族とは、
  ある事情で疎遠になっていたそうです。


  それが相談者の結婚を機に、
  また付き合うようにすることになったとか。


  それで相談者の結婚披露宴に招待したところ、
  その4ヶ月後におばさんの娘、
  つまり従姉妹も結婚するとかで、
  披露宴に招待されたそうです。


  ところが相談者の披露宴の4日前に、
  従姉妹の披露宴の日の仕事が、
  相談者を指名して入ったのだとか。


  相談者の仕事は特殊で、
  他の人が代われないようなもの。


  しかも今後のことを考えると、
  断るのがもったいないと思えたそうです。


  それで仕事を引き受けることにしたのだとか。


  従姉妹の披露宴には、
  ご主人に代理で出席してもらうように話をして、
  母親を通じておばさんに伝えてもらったそうです。


  しかしそれを聞いたおばさんは大変怒って、
  相談者の披露宴への出席を
  ボイコットしたようです。


  相談者は、
  まさか3日前にボイコットされるとは思わず、
  戸惑っているようです。


  しかも母親から、
  「お前が先にひどいことをした」と言われ、
  心が折れてしまったとか。


  自分は非常識だったのだろうか、
  という相談です。




  この相談に対する回答は26件です。


  半分以上は非常識とか、
  考えが足りないという意見ですね。


  過ぎたことはしょうがないとか、
  自分がキャンセルしたのだから、
  相手がキャンセルしても仕方ないという
  意見もあります。




  私の考えは、
  常識か非常識かなんて気にするな
  というものです。


  おばさんたちが、
  相談者の思い通りの反応を示さなかったので、
  驚いたのでしょうね。


  そんなことくらいで3日前に披露宴の出席を
  ボイコットするなんてあり得ない。


  そういう考えを持っていたのに、
  おばさんたちはボイコットしてしまった。


  だから、おばさんと自分と、
  どっちが正しいのかわからなくなったのでしょう。


  いえ、本当は自分が正しいと思っているから、
  みんなからそう言ってほしかったのでは?


  常識か非常識かというのは、
  要はみんなが正しいと思うか
  正しくないと思うかということです。


  多くの人から正しいという
  お墨付きがほしかったのでしょう。




  でもね、
  そういう考え方をするから苦しむのです。


  「非常識だ」とか「非常識じゃない」と
  回答を寄せた人も同じです。


  そんなところにとらわれるから、
  苦しむのですよ。



  もしおばさんが、
  相談者と同じ価値観を持っていたら
  どうでしょうか?


  「仕事があるんじゃしょうがないわね。
   それに代理にご主人が来てくださるのだから、
   それで十分よ。」


  おばさんがそう言ったとしたら、
  そもそも掲示板に相談を載せることさえ
  なかったでしょうけど。


  そうした場合、
  「非常識だ」と言った人はどうなります?


  正しくないと思っているのに、
  それで上手くいったとしたら、
  正しくないという考えが間違っている
  ということになりませんか?



  他人がどのように考え、
  どういう行動を取るかなんて、
  その人でもなければわかりません。



  だから身近な家族であっても、
  すぐにケンカをするなど、
  意見が対立するのではありませんか。



  反省というのは、
  次の行動のためにするものです。


  してしまった行動に対して
  罪悪感を与えるためにするのではありません。



  おばさんのような行動をする人も
  いることがわかったのですから、
  ありがたいことではありませんか。


  もし今度同じようなことがあれば、
  もう少し慎重な行動ができるかもしれません。


  そうなったら、自分自身が
  成長したということではありませんか。


  と言うことは、
  その成長を支えてくれたのはおばさんです。


  とてもありがたい存在ですよね。



  非常識だと言って
  他人や自分を責める考え方をやめれば、
  すべての出来事は
  あなたへの素敵な贈り物になります。



  贈り物を受け取るのか、
  それとも誰かを責めたり恨んだりするのか、
  選ぶのはあなた自身です。



posted by ジャンメダイ at 18:55| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。