理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2012年02月01日

夫の浮気

 ■夫が浮気、心の整理つかない   読売新聞・人生案内より


  今日は、人生相談からです。


  相談者は、40代のパートで働く主婦。

  浮気が発覚した夫についての相談です。



  結婚19年で娘さんが2人おられるそうです。


  昨年、娘さんがご主人の携帯メールを見たことで、
  浮気がわかったとか。


  飲み屋で知り合った女性と、
  3年前に深い仲になったようです。


  ご主人を問いただすと、浮気を認めました。


  当初は離婚を考えたものの、話し合いの末、
  このままの生活を続けることにしたとか。


  ご主人はもう過ぎたことと
  スッキリした感じですが、
  相談者は心の整理がつかないようです。


  暴飲暴食や高い買い物をしたり、
  急に落ち込んだり、
  涙が止まらなくなったりと、
  気持ちが不安定なままなのだとか。


  娘さんたちは、
  相談者の味方をしてくれるようですが、
  どんな心の持ちようで暮らしていけば良いか
  わからないと言います。


  どう気持ちを整理すれば良いか、
  という相談です。



  回答者の海原純子さんは、
  味方と思っていた人から裏切られることは
  悲しさくて悔しいと、
  まずは相談者の気持ちを察します。


  しかし、暴飲暴食して自分を傷つけるのは
  やめなければいけないと言います。


  納得が行かない生活なら、
  納得が行くように立ち上がるべきだと。


  守らなければいけない子どもがいるのだから、
  子どもに辛い思いをさせないようにと諭します。


  結婚生活は運転免許と同じで、
  数年ごとに更新して
  仕切り直す必要があると言います。


  結婚を続けるなら
  ご主人に何をしてほしいか考え、
  提示することだと。


  経済的な理由から妻は離婚できないと、
  ご主人に甘く見られないようにと言います。


  十分に泣いた後は、凛としてスタートするよう
  アドバイスします。



  たしかに回答者の言うとおりなのでしょうけど、
  相談者はそれができないから
  困っているのでしょう。


  どうすれば凛としてスタートできるのか、
  そこが重要だと思います。


  その方法がわからなくて相談しているのに、
  ただ子どものために頑張れでは、
  ちょっと酷な気がするのです。



  私は、相談者に3つのステップで
  自分自身が変わる
ことを勧めます。


  第1ステップは、自分の心を癒すことです。


  第2ステップは、自分が変わることを
  理論的に知ることです。


  第3ステップは、その理論に従って実践し、
  実際に生まれ変わる
ことです。



  心を癒すのは、
  一歩前に進む勇気を得るためです。


  くじけて折れそうになる心を、
  少しでも踏ん張らせるためです。


  でも、これだけでは自分は変わりません。


  ですから、どうすれば変わるかを、
  理論的に知ることが大切です。


  いきなり心を従わせるのは無理なので、
  まずは頭で理解するのです。



  その理論を知る上で、
  心にとめておくポイントが2つあります。


  1.過去の出来事は変えられない。

  2.他人は変えられない。



  ご主人が浮気したことに
  いつまでも恨み言を言っても、
  どうしようもないと気づくことです。


  また、ご主人に変われと言っても無理な話で、
  また浮気される可能性があると気づくことです。


  それらを前提にしながらも、
  それでも前に進む道があります。


  過去の出来事にも、
  他人であるご主人にも頼らず、
  自分だけで幸せになれる道です。



  そのポイントだけ言っておきます。


  それは、過去の出来事は単に出来事で、
  その意味は自分の考え方次第で変えられる
  ということです。


  「ご主人が浮気した」=「裏切られた」
  というわけでもないし、
  「自分は捨てられた」でもありません。


  ましてや「自分には愛される価値がない」
  というわけでもなく、
  「自分は不幸だ」ということもありません。


  出来事には、
  自分で好きなように意味を与えられます。


  そして自分が与えた意味によって、
  その出来事を体験する
のです。


  自分にとって重要なのは体験であり、
  出来事そのものではないのです。



  次に、ご主人を変える必要性はありません。


  いえむしろ積極的に、
  ご主人を変えようとしてはいけません。


  ご主人を変えるということは、
  ご主人の自由を奪おうとすること。


  それでは、ご主人を
  本当に愛しているとは言えません。


  ご主人を自分の価値観で縛り付けておいて、
  愛しているなどと錯覚しないように。


  またご主人を変えたいと思う気持ちが、
  自分自身を縛っているのです。



  まず、自分が自由になることです。


  自分で作った呪縛を捨て、
  自分自身から自由になること。


  自分が自由になれば、
  相手を自由にしてあげたくなります。


  相手を自由にしてあげたい、
  相手が自由であることを喜ぶ、
  それが愛することです。


  誰かを本当の意味で愛すれば、
  誰かから愛されるでしょう。



  もうご主人から愛されることを必要としない。


  それでも自分は十分に幸せだ。


  そうなれたとき、
  心からご主人の浮気を許し、
  そしてご主人を愛することができます。


  そんな自分に、
  生まれ変わりたくありませんか?


  私はそれが、
  完全な解決方法だと思うのです。



posted by ジャンメダイ at 17:14| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。