理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2012年01月24日

妻の浮気

 ■妻が男性と2人でカラオケ   読売新聞・人生案内より


  今日は、人生相談からです。


  相談者は、40代の会社員男性。

  浮気が疑われる妻についての相談です。



  結婚18年目で、高校2年の娘さんと
  中学3年の息子さんがいる家庭だそうです。


  40代の奥さんが、男性と2人でカラオケBOXに
  入っていくところを目撃したのだとか。


  奥さんに話を聞くと、
  その男性とは週に1回くらいカラオケや
  ランチをする間柄だそうです。


  バツイチの40代で、
  パート先で出会った男友達なのだと。


  変な関係ではないと、奥さんは言うそうです。


  だから、今は放っておいてくれと。


  しかし、互いに好意を抱いているようでもあり、
  男女の仲になるのも時間の問題
  という気がすると言います。


  息子さんが高校受験という大変な時期で、
  家にいるときの奥さんは
  普通に接してくれるようです。


  けれど、気持ちが離れて行くのを
  感じているのだとか。


  奥さんのことを愛しているし、
  子供のことを考えれば
  離婚はできないと言います。


  どうすれば奥さんとの関係を取り戻せるか、
  という相談です。



  回答者の久田恵さんは、
  妻が他の男性と付き合うのを認めるかどうかは、
  人それぞれだと言います。


  問題なのは、相談者自身がどう考えているのか
  ということだと指摘します。


  相談の文面から、妻に言いたいことも
  言えない夫のように思えると言います。


  この状況で放っておくなら、
  変な関係になるのを許容するのも同じことだと。


  今なら引き止められると、
  なぜ思わないのかと疑問を呈します。


  不快なことは不快と、
  愛しているなら愛していると、
  率直に言わないのは自己保身ではないか
  と言うのです。


  そういう夫の物足りなさが、
  奥さんが他の男性に引かれる
  理由かもしれないと言います。


  本気でつかまえようとしなければ、
  手の内をするりと抜けて行ってしまうと
  アドバイスします。



  回答者が言うように、この相談者は
  奥さんに対して本音が言えないのだと、
  私も思います。


  ただその理由が
  自己保身というのは大雑把な分析で、
  正確には不安から来る執着です。


  おそらく、奥さんに逆ギレされて、
  仲が修復できなくなるのを
  恐れているのでしょう。



  回答者は本音を率直にぶつけよと言いますが、
  おそらくそれだけでは解決しないでしょう。


  なぜなら、ただ本心を言うだけでは、
  相談者は変わらないからです。


  本当の解決は、相談者が
  奥さんへの執着を捨てることです。


  厳しいようですが、
  それ以外のどんな解決方法も役立ちません。


  仮に今回は奥さんが身を引いたとしても、
  また同じような問題が起こるでしょう。


  あるいは本心を言うことで、
  本当に逆ギレして
  出て行ってしまうかもしれません。


  それに耐えられるでしょうか?



  あらゆる結果を、自分で引き受けることです。


  男と別れて、元に戻るかもしれません。


  あるいは奥さんが出て行き、
  夫婦が別れることになるかもしれません。


  子どもたちにも、辛い思いを
  させなければならないかもしれません。


  そのすべてを受け容れる覚悟をすること。


  そうして初めて、執着から逃れられるのです。



  そもそも相談者は、
  奥さんのことを愛していません。


  愛していると錯覚しているだけです。


  本当は単に、しがみついているだけなのです。


  まずはそのことに、
  気づかなくてはならないでしょう。



  愛とは、受け容れて解き放つもの。


  相手が相手らしく自由であることを喜ぶもの。


  しがみつき、縛り付け、
  相手の自由を奪うものではありません。


  奥さんが本気で別れたいと思うのなら、
  認めてあげたらいかがですか。


  それが本当の愛情です。


  「私は、あなたを愛しています。
   だから、あなたが束縛されて苦しんでいるのを
   見たくありません。
   私は、あなたが喜び、幸せな気分でいることを
   望んでいるのです。」



  奥さんがどうするかは、奥さんの自由です。


  それは奥さん自身に決めさせたらいいのです。


  相談者が自分の希望を
  奥さんに伝えることはかまいません。


  ただ、それは単にお願いであって、
  強制ではありません。


  人生は相談者に、
  執着を捨て、本当の意味で奥さんを愛する
  ということを迫っているのだと思います。



  今回、
  このような決断を迫られるはめになったのは、
  これまでの相談者の生き方が原因です。


  この出来事は、相談者に
  チャンス(機会)を与えているのです。


  「あなたは、そんなちっぽけな人間じゃない。
   もっと大きい人間だ。
   その大きさを見せてほしい。」


  天はそう言って、
  相談者にチャンスを与えたのです。


  相談者がこのチャンスを生かさなくても、
  また同様なチャンスはやってきます。


  だから本当は、
  何も心配する必要はないのです。


  人生は愛情に満ちていて、
  けしてその人を見捨てることはないのですから。

posted by ジャンメダイ at 17:34| Comment(2) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私は、ディレクター佐藤と申します。
本日偶然に、ジャンメダイ様のブログに出会いました。
内容を読ませていただいて驚きメールを致しました。

信じています。と、妻の浮気を読みました。

人の心の真理をここまで把握理解しておられることに感銘を受けたのと、
同時に、私がなぜ同じようなことが起きてきたのかを理解することができ、とても納得がいきました。

自分を解放し、自由な気持ちで仕事も日常の生活も味わいながらこれからを生きていきたいと思っておりましたので、今日ジャンメダイ様のブログに出会えましたことは、私の生き方が明確に変わることができるチャンスになったと思います。

おこがましいのですが、私の心の準備ができたので、師に出会えたのだと受け止めております。どんな本、どんな言葉に出会っても、頭では分かるのですが腑に落ちなかったことが、妙にしっくりと納得と言いますか、受け入れて違和感のない、抵抗のない気持ちになりました。

とても嬉しい気持ちと幸せ感を覚えております。

10年好きでいた女性と別れて、同じ職場で毎日顔を合わせて仕事をしております。でもブログにありました、「不安だから執着している」「奥さんを愛していない」「愛していると錯覚している」の言葉が、自分だったと受け入れることができまして、よく分からないのですが、楽になりました。

ほかの内容にも触れて学んでいきたいと思っております。

ジャンメダイ様、ブログを提供くださいまして、ありがとうございました。今後ともよろしければ、多くのことをお教えくださいませ。

本日は、ありがとうございました。


追伸
本日は亡き母の誕生日です。導かれたのでしょうね。感謝です。。。




                          2012年2月2日
Posted by ディレクター佐藤 at 2012年02月02日 12:22
> ディレクター佐藤さん

コメント、ありがとうございます。

素晴らしい気づきですね。
それは私が与えたものではなく、ディレクター佐藤さん自身が引き寄せたものです。

人生に起こることはすべて必然で無駄がありません。
1秒と違わず、自分にとって最善のものが与えられます。

私も、お母様の導きがあったと思いますよ。
だってこの世の中は、そういうようにできているのですから。
Posted by ジャンメダイ at 2012年02月02日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。