理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2011年07月06日

自分の問題

 ■思いやりのない義母と夫   読売新聞・人生案内より


  今日は、人生相談からです。


  相談者は、50代の主婦。

  姑(しゅうとめ)と夫についての相談です。


  同居するお姑さんは台所に立つのが嫌いで、
  料理はほとんど相談者が担当しているそうです。


  朝2時に起きてご主人や息子さんの弁当を作り、
  朝食の用意をするのだとか。


  さらに夕食の下ごしらえもして、
  それから仕事に出かける日々。


  お姑さんには、「せめて自分たちの食事くらいは
  作って」と頼んだのですが、
  すねられてしまったようです。


  ご主人は、同居前は優しくて思いやりのある
  人だったとのこと。


  しかし同居後は暴言を吐くようになり、
  相談しても無視されるそうです。


  どうしたらお姑さんが、
  台所に立ってくれるようになるのか。


  どうしたらご主人が、
  家族に優しい気持ちで接してくれるのか。


  アドバイスがほしいという相談です。



  回答者の土肥幸代さんは、相談者が朝2時に起きて
  頑張っていることに驚きます。


  そして、そんな相談者に協力しないお姑さんや
  ご主人を批判します。


  おそらくそれは、相談者に甘えているのだろうと
  分析するのです。


  相談者が少し手を抜くことができるよう、
  家事を分担してもらえるよう、
  話し合ってみてはどうかと勧めます。


  また、お姑さんが1人で台所に立たないなら、
  一緒に料理をするよう工夫してはどうかとも。


  相談者が魚を焼いているなら、
  お姑さんに味噌汁を作ってもらうなど。


  家族で共同作業をすることで、楽しい会話が
  はずむようになるとアドバイスします。



  私は残念ながら、この回答では納得できません。


  おそらく相談者も、そうしたいのは山々でしょう。


  でもそれができないから苦しんでいるのです。



  相談しても話を聞いてくれないご主人なのです。


  それに対して、よく話し合ってみるようにでは、
  解決策にならないでしょう。


  どうすれば話し合いに応じてくれるかを、
  示してあげなければなりません。



  私は、相談者自身に問題があると思います。


  回答者も、ひょっとしたらそれを
  指摘したかったのかもしれませんね。


  つまり、家族にとって都合の良い人に
  なってしまっている
からです。


  自分で自分を犠牲者にしていることが、
  最大の問題なのです。



  お姑さんもご主人も、もしこの相談を見たら
  こう思うかもしれません。


  「だったらそう言えばいいのに」と。


  波風を立てるのを恐れて、
  自分を殺しているのではありませんか?


  でもそうすることは自分の望みではないから、
  ストレスが溜まっているのではありませんか?



  ご主人が暴言を吐くようになったのは、1つは
  両親にいいところを見せたいからかもしれません。


  妻に優しくすると、
  尻に敷かれているみたいでカッコ悪い。


  そう考える人もいますから。


  あるいは、思っていることをはっきり言わない
  相談者に、イラついているのかもしれません。



  いずれにせよ相談者が、はっきりと
  自分の気持ちを伝える
ことで状況が変わります。


  波風を立てたくないという不安(=恐怖)を
  動機とした行動は、その不安を固定化します。


  そしてその不安が、現実のものになるのです。



  不安を捨てることですよ。


  大丈夫、大したことにはならないから。


  せいぜい、離婚するくらいなものでしょ。


  仕事もしているのだし、
  仮に離婚しても生活できるでしょう。


  だったらそう腹をくくって、
  不安を打ち払うことです。



  不安がなければ、堂々とものが言えるでしょう。


  自分がどう感じているかを、
  率直に話せば良いのです。


  何をどう協力し合うかは、
  それからの話し合いです。


  相手には相手の都合がありますからね。



  最後に義父母の食事の準備ですが、
  私には別々にする意図がわかりません。


  好みの違いから、
  別の料理を作っているのでしょうか?


  そうでないなら、3人分作るのも5人分作るのも、
  それほど違いはないはず。


  何もしてくれないことへの不満から、
  せめて自分のことは自分でと、
  思っただけではありませんか?


  もしそうなら、相手への不満をなくせば
  解決するはずです。



  愛しい人のためなら、
  料理を作ることは喜びになります。


  問題なのは、
  作業を手伝ってくれないことではありません。


  相談者自身が、家族を愛していないことです。


  自分らしく生きないから、自分を愛せないのです。


  自分を愛せないから、家族も愛せないのです。


  すべての原因は自分にあることがわかれば、
  問題は解決するでしょう。



posted by ジャンメダイ at 18:44| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。