理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2011年05月25日

涙がこぼれるほど

 ■自己変革3つのステップ   オフィシャルWEBサイトより


  今日は、私の考え方についてお話ししましょう。



  今までは理論的な話が多かったので、
  今回は実践的な話です。


  まず幸せになり、幸せを動機として行動する。


  それによって、幸せな現実が引き寄せられる。



  私が言っていることの、1つの柱です。



  どうしてそういうことが言えるのかという理論は、
  他で説明しています。


  ここでは、それを実践する方法について
  説明しましょう。



  まず幸せになる方法ですが、
  「感謝の種」を探すことです。


  昔から言われているのは、
  「足るを知る」ということ。


  「今で十分だ」という感覚です。


  十分満足しているなら、ありがたく感じますよね。



  たとえば朝目覚めたら、太陽が昇っています。


  「今日も太陽が昇った。明るくなって、
   暖かくなって、気持ちがいい。」


  これだけでも十分に、ありがたいことだと
  思えませんか?


  このような「感謝の種」を探すことで、
  今すぐに幸せな気分になれるのです。



  でも私は、このくらいでは不十分だと
  感じています。


  慣れないうちはこのくらいでも仕方ありませんが、
  慣れてきたら、もっと上を目指しましょう。


  それは、「涙がこぼれるほど感謝する」
  ということです。



  何かありがたいことを考えたら、
  自然と目頭が熱くなり涙がこぼれる。


  そういう体験を少なくとも1日1回、
  1週間は続けてみてください。


  これをやったら、おそらく自分が
  生まれ変わったような気持ちになるでしょう。


  人生が薔薇色のように、幸せに満ち満ちていると
  感じられるはずです。



  そのくらいの感情が湧くようになると、
  現実に変化が起こります。


  「うわっ、こんなことが起こるなんて
   信じられない。」


  そう驚くほど、素晴らしい出来事が
  起こるでしょう。


  ただでさえありがたくて、ありがたくて、
  涙をこぼすほどなのに、さらにこんなに
  素晴らしいことがある。


  「人生はどうしてこうも、
   良いことが起こるのだろうか?」


  「きっと自分はツイているに違いない。」


  心からそう思えるようになります。



  そのあとの、幸せを動機として何かをすることは、
  そう難しいことではありません。


  むしろ、それは自然にできることです。


  ただ、何かに執着していると、その流れが
  ストップしてしまうかもしれません。



  たとえば、自分がとても恵まれていて
  豊かだと感じたとしましょう。


  そういう幸せな気分でいると、目の前に
  募金を呼びかける人が現れるかもしれません。


  そのとき、幸せを動機としているなら、
  自然と募金したくなるでしょうね。


  でもそこに、将来の不安から金銭に執着する
  気持ちがあると、なかなか募金できないでしょう。


  「まあたしかに恵まれているけど、
   自分が募金しなくても、もっとお金持ちの
   人がやればいいんだから。」


  などと自分の考えを正当化し、幸せな気持ちを
  動機とした行動を止めてしまいます。



  余計なことを考える前に、
  思い切って行動することです。


  「なあに、お金はまた手に入るさ。
   今あるだけで十分。将来は将来で何とかなる。」


  執着心を振り切れるかどうかが課題になります。



  そのためにも、幸せな気持ちを
  強くすることが大切です。


  涙がこぼれるほどの感謝したい気持ち。


  まずはそういう気持ちになれるよう、
  考えることから始めましょう。



posted by ジャンメダイ at 20:10| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。