理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2013年01月30日

それで問題が解決するのでしょうか?

大阪市立の高校で、
体罰を苦に生徒が自殺するという事件がありました。


注目される橋下市長のお膝元だけに、
教育の問題にとどまらず、
今年の入試を実施するかどうかに関して、
政治問題にまで発展しています。


そんな中で、在校生が記者会見を開き、
橋下市長に反対する声明を発表しました。


また某テレビ局の人気キャスターと
橋下市長とのバトルも話題になっていますね。



この問題に関して意見は様々でしょうけど、
ここでは入試を中止するかどうかに関して
整理してみましょう。


橋下市長など入試中止派の考えは、
一教員の問題ではなくその高校の体質の問題だから、
並大抵の対策では変化しないからだ、

という見方があるように思います。


だから校長だけでなく、教職員全員を異動させるべき
などという過激な考えも出てくるのです。


そのことについてより深く語っているのが、
板垣英憲氏です。


彼が紹介する
「内部事情に詳しいという市民活動家」の話が、
どれほど正しいかはわかりません。


ただ、その可能性を否定するだけの情報は、
私は持ち合わせていません。



でも、不思議に感じることがあります。


もしその話が本当なら、
なぜ橋下市長はそれを言わないのでしょう?


本音と建前があって、
本音を言うと何かまずいのでしょうか?


でもそうだとすると、
それこそ選挙民である大阪市民を
欺くことにならないでしょうか?



それともう1つ疑問があります。


もし体質の問題だとしたら、
入試を1回中止することで、
どれほどの効果があるのでしょうか?


しかも、市教委が提示した折衷案では、
実質的に入試を認めるもの。


その後、希望通りの授業(指導)が
受けられるかどうかという心配はあっても、
体育科予備生のような感じで入学できます。


それで的確な解決策と呼べるのでしょうか?



本来異動しなければならない教員が
いつづけたための弊害であれば、
教員の異動をさせるべきでしょう。


学校の周りにラブホや拘置所があるから
教育環境がどうのという件は、
ちょっと偏見だと感じますね。


そういうように環境のせいにするのは
楽かもしれませんけど。


もし本当にそうだと言うなら、
そもそも学校移転こそが解決策であり、
少なくとも学校廃止という結論が出ないと
おかしいでしょう。



あることないこと理由をかき集めるのは、
その人の目的にしたがって相手を説得するには、
理由が乏しいと感じているからではないでしょうか。


環境で決まるなら、
環境を変えるのが結論でなければおかしいのです。


教員で決まるなら、
教員を変えるのが結論でなければおかしいのです。


入試で決まるなら、入試をやめるのが当然です。


本当に入試で決まることなのですか?


今回の問題が、特定の教員の考え方の問題ではなく、
学校全体の体質だとするなら、
その原因に見合った対応をしなければ
効果はないと思うのです。





この問題に関して、生徒の有志が記者会見を行い、
自分たちの学校や先生を守りたいというような
発言をしました。


これに対する世論は、ヤラセじゃないかとか、
被害者の心情を顧みない自己中だという
批判や非難が多いようです。


ヤラセの可能性は否定しませんが、
私は彼らの言い分に共感する部分はあります。


それは、
愛する学校を自分たちの手で守りたいという気持ち。


そして、学校から体罰を一掃し、
早く平常に戻したいという気持ちです。


やらせてみてあげたいなと、私は思いますよ。


もちろん、彼らに任せっぱなしにするのではなく、
きちんとフォローしなければなりませんけどね。




「自己中」という批判ですが、
私はそういう気持ちは理解しますが、同調はしません。



彼らは部活の大会に出場したいだけとか、
自分の利益しか考えておらず、
自殺した仲間のことすら考えていないのだ。


それが「自己中」と判断する理由のようです。



私は、死んだ人(=犠牲者)を悼(いた)むことが、
自分の活動を自粛することに直結するとは思いません。



だって、自殺した生徒と
まったく面識のない人もいるでしょうから。



誰かが死んだら、
そのグループに所属する人は、
みな活動を自粛すべきなのでしょうか?


あるいは、非業の死を遂げた人の意志は、
他の何よりも尊重されるべきなのでしょうか?


もしそうだとすると、
体罰を行った顧問が自殺したらどうなるのでしょう?


今度は、顧問を責め続けた人やマスコミが
糾弾されるべきなのでしょうか?


それとも、それは自業自得ですか?


では、体育科に入学したかった受験生が、
入試中止のショックで自殺したら、
橋下市長が糾弾されるべきですか?


死んだ方を悼む気持ちと、
その後をどうするかという判断は、
また別だと思うのです。




東日本大震災の時も、被災していない地域で
様々なイベントが中止されました。


あれと同じ考え方なのでしょうね。


イベント中止などの自粛ムードで、
どれだけ経済が落ち込んだかわからないのに。


多くの被災した方のことを思うと、
そんな中で自分たちだけ浮かれているのは、
何かバツが悪いと思ったのでしょう。


また、こんな中でイベントをやるのかと、
開催を批判する意見もあったようで、
その批判を避ける判断だったのでしょう。



私は、被災者を悼む気持ちと、
その後の対応は別だと思います。



そうでなければ、
地球上の何処かで誰かが死んだら、
地球市民としての私たちは、
ずっと自粛すべきことになってしまいます。



そう言うと、
関係が薄いところは別だと言うかもしれませんが、
では、どのくらいなら濃くて、
どのくらいなら薄いのでしょう?


そんな絶対的な基準はありません。


「常識だよ」と言いたいかもしれませんが、
常識という絶対的な基準は存在しないのです。


それぞれの人の感性があるだけです。



ただ、
それぞれが自分の判断でイベントに参加しない、
と決断することはまったく問題ありません。


その人にとっては、
「濃い」と感じる関係だったのでしょう。


そんなイベントに参加する気分じゃないと
判断したからでしょう。


でも、全員がそうではないのですから、
イベントを中止する必要性はないと思うのです。


少なくとも、参加希望者が大勢いるイベントなら
中止すべきではないと思います。


参加者が少なくなって、
開催する意義が薄れたというなら別ですが。



今回の記者会見した生徒たちへの非難も、
同じことだと思います。


高校という限られた期間でのチャンスを、
失いたくないと思うのは人情です。


ましてや、
自殺した生徒との関係が薄いと感じているなら、
なおさら自分の機会を奪わないでと思うでしょう。


その気持を責めることで、
生徒たちを強制する必要性はないと思います。



それなのに非難するのは、
他人が自分と同じ価値観でなければ
気が済まないからでしょうね。


そういう、
他人を強制して支配しなけれ済まない気持ちが、
暴力へとつながります。



今回も、体罰か暴力かという議論もありましたが、
私はどちらも同じだと思います。


相手を強制し、支配しようとする試みです。



そう言えば、
クラウゼヴィッツは「戦争論」の中で、
こういうことを言っているそうですね。


「戦争とは、他の手段をもって継続する政治の延長」
であり、
「自国の意志を相手に強制する暴力行為」
であると。



つまり、
他国との関係で自国の意志を通そうとするとき、
相手が同意しない場合に、
使う強制力の程度に違いがあるということです。


その強制力の最たるものが、
戦争という暴力による手段なのです。


まさに私の言わんとしていることを
的確に表現していると思います。


非難も体罰も暴力も、同質のものなのです。


相手に肉体的あるいは精神的な苦痛を与えることで、
相手を意のままに動かそうとすることですから。




人の本質は自由です。


自由とは、自分で決められるということ。


誰からも強制されないということです。


ですから私は、暴力はもちろん体罰も、
そして非難することにも賛同しません。


問題の解決は強制ではなく、
自由で主体的な取り組みの中で行われるべきだと、
私は考えるのです。


posted by ジャンメダイ at 20:14| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

常識外れではいけませんか?


前回の、小学生のピアス問題は、
要は常識にしたがうべきかどうか、
という問題だと言えます。


小学生のピアスを禁じる合理的な根拠は、
他にはないからです。


体を傷つけるということも、
もしそれが問題だと言うなら、
美容整形そのものが禁止されるべきでしょう。


小学生はダメだが大人なら良いというのも、
合理的な根拠はありません。


もちろん、「子どもには判断が難しいことだ」と
親が考えることはあるでしょう。


それに関しては前回も書きましたが、
ならば何歳からならOKかという質問に、
明確に答えられなければならないと思います。


そして、その基準が合理的だという説明も。


親と同じ価値観を持つまでダメというのでは、
合理性がないと思います。



ただ、前もって言っておきますが、
どんな答を出しても間違ってはいないし、
特に正しくもないと思うのです。


それは、正しいかどうかを決めるのは、
その人の価値観だから。


その人の価値観にしたがえば、
その考えは常に正しいのです。



そこで今回は、
「常識にしたがうことが正しい」
という考え方へのアンチテーゼです。



未来工業創業者の山田昭男さんは、
常識破りの経営で会社を発展させてきました。


残業を禁止し、休暇を増やし、
社員をなるべく働かせないようにしたのです。


常識的には、
それでは会社が儲からないと考えられます。


だって会社の経営者というのは、
社員に有給休暇もなるべくとらせたくないし、
2人でできることを1人の社員でやらせた方が
経費が少なくて済むと考えるものですから。


その間逆なことをやった未来工業は、創業以来、
赤字がゼロという優秀な経営成績を収めています。


他にもホウレンソウを禁止するとか、
営業のノルマをなくすなど、
常識の逆をいく経営を行なっています。


では山田さんは、どうして
そういう常識外れなことをするのでしょうか?



その理由がまたふるっています。


今の日本には約600万の会社があり、そのうち、
年間4000万円以上の利益を上げている会社は、
わずかに3%しかないと言います。


その儲からない97%の会社がやっているのが、
常識的な経営です。


それと同じことをやったら、
儲かるはずがないと言うのです。



これは説得力がありますよね。


実際、投資の世界でも、
大多数の人が行くのと反対の道を行くことが、
投資で儲かるコツだと言います。


常識にしたがう多数派ではなく、
常識に従わない少数派であることが、
成功のポイントなのです。




「そういう常識と小学生のピアスみたいな常識とは、
別の話でしょう?」


そうでしょうか?


たしかに別だとも考えられますが、
常識にしたがっていれば安心だからという理由で、
それを良しとするという意味では同じです。


たとえ失敗しても、大多数が味方ですから。


仲間が大勢いないと不安という人にとっては、
そのことの方が重要なのでしょうね。


でも、それと本人が幸せかどうかとは、
また違うと思うのです。



幸せというのは、安心感だけではありません。


自分が自分として存在することの意義が、
問われるのだと思います。



自分の意志で常識(多数派)にしたがうと決めるなら、
それも1つの生き方だと思います。


けれども、本当は他の生き方がしたいのに、
強制されて常識にしたがわされるならば、
自分の存在意義を失ってしまうのです。


それは大人だけでなく、子どもも同じです。



人には個性があります。


人それぞれ、
異なっていることが当たり前なのです。


それなのに、価値観だけは「常識」と名付けた
特定のものにしたがうのが当然だと、
どうして考えるのでしょうか?


常識にしたがっても良いし、
したがわなくてもかまわないと、
どうして考えられないのでしょうか?




「ドン・キホーテ」という
セルバンテスの小説があります。


「ラ・マンチャの男」という題で、
ミュージカルなどにもなっていますね。


世界的なベストセラーでありロングセラーですから、
一度は読まれた方も多いでしょう。


これを単に、頭がいかれた男が巻き起こす
珍道中記と考えることもできます。


けれども私は、常識にしたがうことを頑なに拒否し、
自分らしい視点を持ち続けて幸せに生きた
ある男の生きざま、というように考えます。



これとよく似ているのが、
「イワンのばか」というトルストイの小説です。


これまた有名ですから、読まれた方は多いでしょう。


馬鹿のイワンは、兄弟からせがまれるたびに、
惜しみもせずに与え尽くしてしまいます。


けれども、欲深い兄弟たちは
また一文無しになってしまいます。


ただイワンだけは、悪魔の誘いにものることなく、
幸せになったという物語です。



馬鹿だから欲をかかなかったとも考えられますが、
これもまた常識にしたがわなかったと言えます。


王様になってまで、
イワンは自ら率先して畑で働いたのですから。


常識外れも良いところでしょう。


でもそれは、
ただ世間に逆らいたかったからではありません。


逆らって非常識なことをしたのではなく、
自分が自分らしく生きようとしただけなのです。




未来工業の山田さんも同様です。


ただ常識に反することをしたくて、
そういう経営をしたわけではありません。


常識にしたがうことが、
自分らしい経営に合わないと考えたから、
勇気を出して自分の心の声にしたがったのです。



そう考えると、
重要なのは常識にしたがうかどうかではなく、
自分の心の声にしたがうかどうかではないか

と思いませんか?


つまり、自分らしく生きることが、
常識にしたがうことよりも優先されるべきだと。



他の人の生き方は、
他の人に任せておけばよいと思うのです。


なぜなら、あなたはかけがえのない「あなた」という
ユニークな存在なのですから。


他の誰にも、「あなた」の代わりはできません。


だから、何よりも大切にしてほしいと思うのです。



無批判に常識にしたがうこともそうですが、
ただ反発して常識外れなことをするのも、
それもまた常識にとらわれた生き方です。


自分は本当にそれをやりたいのか?


それをやったら自分らしいと感じるのか?



自分に対してその質問をして、
心の声を聞いてほしいと思うのです。
 
posted by ジャンメダイ at 20:01| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

小学生のピアスはいけないことですか?

ネット上には、
人生相談的な掲示板がいくつかありますが、
その中に毎年のように載るテーマがあります。


その1つが、
「小学生のピアスを許すべきか?」というものです。



賛否両論あるようです。


賛成派は、小学生でもおしゃれに目覚めたら、
ピアスぐらいしたくなるだろうという
積極的な肯定意見。


あるいは、他の子がピアスをしているなら、
それを許さないことで仲間外れにされるからという
消極的な肯定意見です。


反対派は、まだ善悪もよく判断できない小学生が、
身体を傷つけることは許せないという
積極的な否定意見。


あるいは、ピアスを許すことで
なし崩し的に非行に走るのが心配という
消極的な否定意見です。


主だった意見は以上のようなものですが、
みなさんはどう考えますか?



上記の他に、こんな意見もあります。


穴を開けた後は消毒して、
汚れた手で触らないようにしなければ、
化膿することもある。


けれども、
小学生ぐらいだと触らないようにするというのが
難しいだろうというもの。


つまり、年齢的な能力として、
安全なピアスに耐えられないというものです。



ただこれは、ちょっと疑問ですね。


小学生だって怪我をすることはあるでしょう。


そのとき、
汚れた手で触れば化膿することもありますよね。


つまりピアス特有の問題とは言い切れない気がします。



医療行為だから、
病院でやらないと危ないというのもあります。


たしかにそうなのかもしれませんが、
ピアスぐらいでわざわざ病院ヘ行く人が、
いったいどれだけいるのでしょうね。


私はけして、
自分でやることを推奨しているわけではありません。


ただ実態としては、
ピアスの穴開け器を買ってきてやっている人とかが、
けっこう多いように思います。


そしてたいていは、問題がないようです。




そこで最初の問に戻りますが、
小学生のピアスは許されるべきでしょうか?



私は、禁止する必要性はないと思っています。


少なくとも、
「ピアス=非行」という図式はナンセンスです。


ピアスは法律違反ではありませんから。



昔は「茶髪=非行」「髪飾り=非行」というように、
人と違うことをやることが非行だと非難されました。


いずれも法律で禁止されないものですから、
校則で禁止するところもあるようですけど。


いずれにせよ、
没個性で扱いやすい養殖人間を育てることにしか
役立たない考え方だと思います。



また身体を傷つけると言いますが、
では髪を切ること、ヒゲを剃ること、
爪を切ることはどうなのでしょう?


それらは身体ではないのでしょうか?


実際、髪を切ることやヒゲを剃ることを
タブー視する民族や宗教もありますから、
感じ方は人それぞれではないでしょうか?


「髪や爪は、また伸びてくるでしょう。
身体に穴を開けるのとは違うでしょ。」


では、元通りに戻ればOKなのですか?


残念ながら、ピアスの穴でも刺青でも、
消すことは可能ですが。




そうなると、
それをいけないことと考えるかどうかは
人それぞれの価値観だ
と思います。


だとしたら、
その人の判断に任せることだと思うのです。



「小学生にそんな判断は無理でしょう。」


そう思われる方は多いでしょうね。


では、何歳になったら判断できるのでしょうか?


そう言うと、
やみくもに20歳と答える人も多いです。


ただ法律上の成人だから。


でもそれ、
判断できる年齢かどうかと関係ありませんよね?


それとも法律上、
親が後見する必要性がなくなったから、
しょうがないってことでしょうか?


まあそういう考え方もあるでしょうけど、
ちょっと残念な気もします。



私なら、
子どもがそれに興味を覚えたということは、
ある程度は判断できると考えます。


そこでまず、
子どもとじっくりと話し合ってみるでしょうね。



ピアスをすることでどんなメリットがあり、
どんなデメリットがあるのか。


自分が知っている情報はすべて伝えるし、
必要なら一緒に調べてみるでしょう。


親の考えは、単に希望として伝えます。


けれども、
どうするかを決めるのは子ども自身だと、
はっきりと伝えます。




いずれは1人で巣立っていくのですから、
なるべく早くその能力をつけさせ、
親がいなくても生きていけるようにしてあげたい。


だから、子どもの自主性を伸ばすためにも、
子ども自身に判断させます


そして、その結果を引き受けることも体験させます


良いと思う結果であっても、
悪いと思う結果であっても、
自分で引き受けることによって学ぶのですから。



もちろん、
場合によっては1年ぐらいの期限を設けて
考えさせるかもしれません。


じっくりと考えさせるためです。


結論を先送りにし、
うやむやにさせるためではありません。




私なら、そうするでしょうね。


もちろんこれは、私の考え方です。


人それぞれ考え方があるでしょうし、どれが正しく、
どれが間違っているということもありません。


ただ言えるのは、
子どもに自分で判断する能力を身につけさせたいなら、
なるべく多くのことを自分で判断させること
だと思うのです。


経験させること、失敗させることが、
もっともよく学ばせることになるからです。


最大限の自由を与えるならば、
子どもは自分で決めることを学ぶでしょう。


そして、
相手に自由を与えることや、
相手が自由であることを喜ぶことが、
愛することだと思うのです。
 
posted by ジャンメダイ at 18:43| Comment(2) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

未来に対して絶対の安心を得る

日本はデフレによる不況で、
大卒でも思ったような就職ができない時代だそうです。


本人も不安でしょうが、親御さんも大変ですね。


少しでも良い大学へ行かせなければ。


そんな焦りにも似た気持ちをお持ちのことでしょう。


良い大学に入るためには良い中学へ。良い高校へ。


ゆとり教育は一変し、
また厳しい競争社会となりつつあります。



そういう社会にお暮らしの皆さん、幸せですか?




茶化しているのではありません。


今だからこそ、真剣に考えてみてほしいのです。



頭の良い人は、競争して
安定したところへ就職しようとします。


それだけ将来が不安なのでしょう。


そして競争に敗れた人たちは、
こういう社会を作った政府が悪いと言って、
不平不満の気持ちから抗議行動をしたりします。


抗議行動をすると気分が悪いですよね。


それでもそうせざるを得ない。辛いでしょうね。


でも、勝ち組になったはずなのに、
その大会社が倒産したり、東京電力のように
社会から叩かれることになるケースもあります。


もうこうなったら、
公務員くらいしか本当の安定はない。


そう思っていても、大阪府や大阪市のように、
首長が変わると途端に厳しい対応を迫られることも。


国家公務員だって、一所懸命に頑張っているのに
仕分けとかで素人から無理難題をつきつけられ、
予算を削減されてしまう。


今まで国民のためにと思って努力してきたことは
いったい何だったのか?


そんな無力感を味わわされることだってあるのです。



人生、何が起こるかわかりませんからね。



そう言ってしまうと身も蓋もありませんが、
それが現実です。


だから保険をかける人が多く、
将来のための年金保険も売れているようです。


貯金を増やし、貯まったら投資へと移行する人も。


でも、どんなに保障を厚くして将来に備えても、
絶対に安心かというと、そうではありません。


傷口に塩を塗るようで申し訳ありませんが、
この世に絶対はあり得ないのです。



では、どうすれば良いのでしょうか?


そこです。


ここは思い切って、
発想の転換をしてみることをお勧めします。


いわばコペルニクス的転回ですね。



未来は、本当に不安なのでしょうか?



もういきなり核心ですね。


不安と思っていたものが、
単に思い込みに過ぎなかったらどうでしょうか?




起死回生のロングパスによるタッチダウン。


9回裏2アウトからの逆転サヨナラ満塁ホームラン。


そういうお話です。




実際、そうなのです。


不安というのは現実ではなく、単に空想に過ぎません。


現実ではないので、絶対的に防ぐことは不可能です。


想定外は必ずあります。


10mの津波に備えれば15mの津波が不安になるのです。



だとしたら、臭いものに蓋をするのではなく、
元から絶たなきゃダメってことでしょう。


その元とは何かと言うと、
将来に起こるであろう出来事ですよね。


たとえば、
就職できないかもしれないという不安の元は、
就職できずにフリーターとかニートになる
という出来事です。


そうならないように努力して勉強するというのも、
1つの解決方法でしょう。


でも、
それよりももっと簡単で効果的な方法があります。



それは、「必要性を捨てる」という方法です。



将来、安定した企業とかに就職する必要性が
本当にあるのでしょうか?


就職できたら良いけど、別にできなくてもかまわない。


そんなふうに思えませんか?


もしそう思えたら、不安は消えてしまいますよね。


だって、就職できてもできなくても良いのですから。



「そんなこと言ったって、
就職できなかったら食べるのに困るじゃないか!」


それは頭が硬すぎます。


じゃあ、就職できなかった人たちはみんな、
飢えて死んでますか?


そんなことはないでしょう。


それどころか、そういう人たちのほとんどが、
何とかして暮らしています。


いいですか、
暮らしている人の方がほとんどなのですよ。



それに、就職できないことによって、
別の生き方を選択できるかもしれません。


1年間、貧乏旅行で世界とか日本中を回ってみる。


その経験が将来、
どれほど役に立つことでしょうか。


人間が一回りも二回りも
大きくなるかもしれませんよ。



そんなことができるのも、就職できなかったお陰。


そうだとしたら、
就職できないことは悪いことではなく、
良いことになりますよね。


つまり、
就職できないという出来事は不安の種ではなく、
希望の種に変わるのです。





人生において起こる出来事は、
すべてニュートラルです。


それを良いと考えるか悪いと考えるかは、
その人が決めるのです。


ならば、たとえどんな出来事が起ころうとも、
それを良いことだと考えると決めれば良いのです。


そうすれば、自分の人生に起こることは、
すべて良いことになってしまうではありませんか。




ほら、あ〜ら不思議でしょ?


あれほど不安でいっぱいだった未来が、
もう良いことしか起こらないことになったのです。


良いことしか起こらないとすれば、
絶対安心の境地に至るじゃありませんか。



「そんなこと言ったって、
どうやって良いことだと考えればよいか
わからないことだってあるよ。」


そう思われるかもしれませんね。


でもこれは、訓練次第なのです。


考え方の習慣ですから。




もしあなたが絶対的な安心を手に入れたいなら、
自分で試してみてください。


1ヶ月でも、1週間でもかまわない。


起こることは良いことと決めて、
何が起ころうともそこに良い意味を与えるのです。


そうすればいつかあなたも、
そういう習慣を好ましく感じるでしょう。


そして二度と、元の不安でいっぱいの生活に
戻りたいとは思わないでしょう。



まずは、「少女パレアナ」でも読んでみませんか?


大いなるヒントが得られると思います。

 
posted by ジャンメダイ at 19:09| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。