理想の自分と出合う。自分探しの方法が、ここにあります。

「自己変革3つのステップ」

2012年11月29日

しなやかな心が幸せを生む

私たちの大いなる勘違いは、
何かをすることで、また何かを手に入れることで、
幸せになれるという思い込みです。


その思い込みがあるために、
私たちは幸せを自分の外に求めました。


まるで自分の影を追いかけるように、
外に求めた幸せは、つかんだと思った瞬間に、
手の指の隙間からこぼれ落ちて行くのです。



本当は、幸せは自分の内にあった。


そのことを表す物語は、みなさんもよくご存知の
童話「青い鳥」です。


作者はフランスのモーリス・メーテルリンク。


5幕10場で演じられる童話劇として作られました。



チルチルとミチルの兄妹は、
夢のなかで過去や未来の国へ、
幸せを象徴する青い鳥を探しに行きます。


しかしその冒険旅行の中では
青い鳥を捕まえることができません。


むなしく家に戻ってきたところで、
2人は夢から覚めます。


そして、2人は気づきました。


家で飼っていた鳥かごの中の鳥が、
実は青い色をしていたのです。




この物語は、幸せは外に探し求めるものではなく、
自分たちの身近にあるという教訓として
語られてきました。


「足るを知る」という言葉がありますが、
これも同じようなことです。


すでにあるもので満足すれば、
餓鬼のように多くを求めて苦しむことがない。


つまり苦しみから逃れるために、
自分にあるもので満足すべしという教訓です。



しかし、それでは単に
自分をごまかしているだけではないか?
という疑問がありました。


本当はもっと多くを得たいのに我慢して、
これだけで十分だと自分に言い聞かせることで、
自分の欲求を抑えようとしているのだと。



私も、そんなふうに考えていたころがあります。


けれども今は、そうではないと思います。


なぜなら、
出来事に対してどう考えるかは人それぞれで、
どう感じるかも人それぞれだからです。


それはつまり、
出来事が幸せを決めるわけではない
ということになります。



では何によって、
幸せかどうかが決まるのでしょうか?


それは、何にも因らないとわかりました。


強いて言えば、
自分がどう思いたいかに因る。


自分が幸せでいたいと思えば幸せでいるし、
そうでないと思えばそうではない。



そのことを意識していないために、
出来事に左右されると思い込んでいたのです。



相田みつをさんの言葉は、本当に衝撃的でした。


「しあわせは いつも自分の こころがきめる」


最初にこれを知ったとき、
何と強い人なのだろうと思いました。


出来事に左右されない心というものが、
私には想像できなかったのです。



けれども、
私にもだんだんと、その意味がわかってきました。


強いのではなく、
むしろ逆に力を抜けば良いのだと。



風にそよぐ柳の枝のように、
しなやかであれば良いのです。



そう思ったとき、老子を思い出しました。


「上善は水の如し」


どんな容器にもあわせて、
水は形を変えることができます。


固い歯は、老いるとなくなってしまいますが、
柔らかい舌は、ずっと口の中に残ります。


力を抜いて柔らかく、しなやかであればいい。


それが老子の無為自然の教えです。



幸せもまた、そうだったのです。


肩肘張って、
あれがなければ、これがなければと、
必要性で自分を追い詰めていては、
いつまでたっても幸せには手が届きません。


あれも良し、これも良し。


そういう自由でしなやかな心があれば、
いつでも幸せでいられるのです。


posted by ジャンメダイ at 21:26| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

人生のための攻略本があった

ゲームをやっていると、
どうしても行き詰ってしまうことがあります。


何度やってみても、同じところでジ・エンド。


「どうして上手くいかないかなあ!?」


腹立ちまぎれに独りごとを言ってしまうことって、
ありますよね。



そんなとき、
実は意外な解決方法が隠されていたりします。


後になってみれば、
「なんだ、そんなことだったの?」というようなこと。


知ってみればどうってことないのに、
それまでの考え方が邪魔をして、
なかなか気が付かない方法。


いわゆるゲームの攻略本というのは、
そういった秘策が書かれています。



人生も、ある意味でゲームのようなものです。


「どうすれば上手く行くんだろう?」


「幸せになりたい」「成功したい」「金持ちになりたい」


そう言った目標を実現するゲーム。



しかし、これもなかなか
思ったとおりには行きませんよね。


「苦労を重ねてきたけれど、こんなものか。」


50歳になって先が見えてきたとき、
ふともらすため息。


でも、それならまだ良い方です。


「どうしてオレの人生は上手く行かないんだー!」


そう叫びたいほど、どうにもならない思いを抱いて
嘆いている人も多いのではないかと思います。




やっぱり、攻略本が欲しいでしょう?



人生の攻略本なんて...



あります。



嘘じゃありませんよ。本当にあります。


それは、私がお勧めする書籍の一番に置いている
「神との対話」シリーズです。



まだ読まれたことがないのでしたら、
騙されたと思って読んでみてください。


人生の攻略本だと思って、読んでみてください。


必ずその中に、
あなたに役立つ情報があるでしょうから。




たとえば、こんな内容が書かれています。


幸せというのは、
何かをすることで、あるいは何かを得ることによって、
得られる結果ではない。



どうです?これだけでも驚きでしょう?


だって、ほとんどの人は幸せや成功を求めて、
何かをしているのです。


でも、またほとんどの人は、
それが得られずに苦しんでいます。



「いや、そんなことないよ。
オレは就職先すら見つからずに苦労しているけど、
有名な企業に難なく就職したヤツだって
たくさんいるじゃないか?」


他の人は勝ち組で、
自分は負け組だとボヤきたいのでしょうけど、
それは違います。


あなたが勝ち組だと思っている人たちだって、
けして幸せじゃないし、成功者でもないのです。


なぜか?


それは、幸せとか成功というのは、
何かによって得られる結果ではないからです。



たとえば、有名大学に入ることを目指して勉強し、
何とか合格したとしましょう。


その瞬間は、達成感を味わい、
幸せだと思ったかもしれません。


けれども、そんな気持ちは長くは続きません。


人生は、片時もその場にとどまってはいないのです。


だから、本当の幸せを手に入れない限り、
幸せでいることは不可能なのです。



では、どうすればよいか?


それが攻略本に書かれています。


幸せは結果ではなく原因だと。



幸せというのは、私たちの心の状態です。


その状態でいたいのなら、そうなればよいだけです。


わざわざ条件などをつけずに、
さっさとそうなってしまうのです。


そして、その状態を原因(理由,根拠)として、
何かを行うのです。



つまり、まず先に幸せになり、
幸せな心の状態で行動するのです。



そうするとどうなると思います?


あなたはその心の状態を肯定したのですから、
その状態を経験します。


つまり、幸せな出来事が起こるのです。



これまで、自分の外で探してたから
見つからなかった幸せの青い鳥。


「青い鳥は自分の外ではなく、自分の中にいます。」


そんな、昔から言われていて当たり前のことが、
実は多くの人がまだ気づいていません。


だから意外な解決方法、つまり秘策なのです。

posted by ジャンメダイ at 20:43| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

ときには思い切り泣こう!

先日、Facebookで野口嘉則さんが、
タイの泣けるCMを紹介していました。


野口さんと言えば、読んだ人の9割が泣いたという
「鏡の法則」の著者です。


その野口さんが紹介したタイのCMとは、
やはりあのタイ生命保険のCM「マイガール編」でした。


私のブログでも、以前紹介したものです。


解説も書いてあるので、
ブログをお読みいただければと思います。



このCMで感動するのは、
我が子の過ちを理由に子どもの存在を否定する
ということをしなかった
、という点にあると思います。


「そんなことをする子は、うちの子じゃない!」


そう言って親が怒鳴る場面なら、
何度でもドラマで見たことがあるでしょう。


CMでも父親は、
怒って殴りたい衝動に駆られたのです。


けれども頭の中を駆け巡ったのは、
生まれてから成長していくかわいい娘の姿でした。


私は、娘を憎んではいない。


私は、娘を愛しているんだ。


父親は娘を抱きしめて言います。


「ポー・ラック・ルーク」


直訳すると、「父は子どもを愛す」ですが、
物語に沿って訳すなら、
「私はお前を愛しているんだよ」くらいでしょうか。



怒られなかった。ただ受け入れられた。


そのとき娘は、心から詫びたのです。



父の腕の中で泣きじゃくりながら、
その愛を二度と裏切らないと誓ったことでしょう。




このCMの内容は、
野口嘉則さんの著書「僕を支えた母の言葉」
通じるものがあります。


こちらも以前、紹介したものです。


どんなに非行に走っても、
息子の素晴らしさを疑わなかった母親。



学校から呼び出されて、ひたすら詫びながらも、
「ダメな子」という先生の言葉に抵抗します。


「この子はダメな子なんかじゃない!」


どうしてそんなに一途に、
自分の息子は素晴らしいと思えるのか?


息子はいつしか、その母の期待に応えようとします。


しかしある日、衝撃的な出来事が起こります。



この先は、ぜひご自身でお読みくださいね。


動画でもご覧になれますから。



この母親が、
どうして息子をそこまで信じられたのか?


それが不思議だと思いました。


それについても、ブログに書きました



なぜそう信じられたのかは、わかりません。


人によって、いろいろと理由はあると思います。


キリスト教とか仏教などの、
信仰によるものかもしれません。


あるいは瞑想によって、直感的に知ったのかも。


でも、どうしてそう信じたかは、
あまり重要ではないと思います。


それよりも、
そう信じたということが重要なのだと思うのです。





さて最後に、
タイの泣けるCMの他のものを紹介しましょう。


これも以前、ブログで紹介したものです。


思い切り泣いてください。



泣けるということは、
感動するということです。


感動するということは、
魂が喜んでいるということです。


魂が、「これが私なんだ」と
自分自身を発見した喜びです。




人はみな、
そういう素晴らしい存在なのです。


本当のあなたは、
そんな素晴らしい存在なのですよ。



posted by ジャンメダイ at 20:35| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

ほんのちょっとの勇気があれば

ちょっと気になるニュースがありました。


人気子役のはるかぜちゃんこと
春名風花さんに関するものです。



ツイッターをやっているそうですが、
時々脅迫めいたものが来るのだそうです。


たとえば、
「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにして
ドラム缶にセメント詰めて殺したい」
というようなツイート。


迷っていたようですが、警察に通報したそうです。



ところが、通報したことを後悔していると言うのです。


理由は、子どもがネットをすることに対する
批判が殺到したから。


はるかぜちゃんは、
次のようにツイートしているそうです。


「通報したら、おとなに頼らないと
じぶんの身も守れない子どものくせに
ネットなんかするなって言われちゃうの、
わかってたのにな」



中には、殺害予告は単なる中傷で、
過剰反応だという指摘もあったとか。


それに対しても、次のように答えています。


「本当に殺されそうになるまで、
がまんすればよかった」


11歳の女の子に、こういうことを言わせてしまう。


私はそれを、とてもつらく感じるのです。



五体不満足の乙武洋匡さんもツイッターで、
次のように言っているそうです。


「『だから小学生にネットなんかやらせるから…』
という感想を漏らしている人が多いことに驚く」


「『退場すべきは、いじめられた側』というわけか。
これでは、いじめがはびこるわけだ」



11歳ですでに有名人になってちやほやされ、
何でも思い通りにできてしまう
(というように見える)はるかぜちゃんに対し、
嫉妬する気持ちから批判をしているのだと思います。


そうまでしなければ、
自分自身を守れないと思い込んでいるのでしょう。



本当はその自分の心を見つめ、深く心に入って行き、
不安の正体を明らかにしなければ解決しないのに。


せっかくそのチャンスを与えてくれた
はるかぜちゃんを批判することで、
自らそのチャンスを潰しています。




批判するのは、「お前の存在が私を苦しめている」
と思っているからです。


しかし、それは事実ではありません。


はるかぜちゃんの存在は、
ある気づきを与えてくれただけです。


それは、
「今の自分は自分らしくない」ということ。




それを自分が否定されたと感じるから、
相手を批判したくなったのです。


本当は否定されたのではなく、
違っているよと気づかせてくれただけなのに。



こうして多くの人は、
自分にとってもっとも大切な人を攻撃し、
押しやってしまいます。


そうやって自ら変わるチャンスを潰しておいて、
「どうして自分の人生は上手くいかないのか?」
といぶかしがります。


自分が変わることを拒否しておきながら、
どうして運命が良くならないのかと思い、
上手くいかないことに腹をたてるのです。



そんなことを、
何度も何度も繰り返してきたのでしょう。


このゲームは、
自分が気づくまで永遠に繰り返されます。



いい加減に飽きませんか?



「他の見方があるかもしれない。」


ほんのちょっと、そう思う勇気を持てば、
幸せはすぐ隣にあるのです。


posted by ジャンメダイ at 13:31| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

怖れずに飛び込んでみる

今日は、私の考え方についてお話ししましょう。



どうやったらお金が儲かるかとか、
成功するための方法など、
ハウツーものの情報がたくさんあります。


それを知ると、そのときは感動するものの、
しばらくするとその感動が冷めてしまいます。


すると、
さらにまた別の情報を手に入れようとします。


いわゆるノウハウコレクターと呼ばれる人です。


実は私も、そういう人たちの1人だと思います。


お恥ずかしい話ですが、これまでどれだけ
そういった類の情報を入手したことか。


でも、その結果わかったことがあります。



それは、
こうすれば誰もが成功する(金持ちになる)という、
万能なノウハウは存在しないということです。



たしかに優れた方法はあるでしょうし、
私が手に入れた情報の多くは、
本当に素晴らしいものだと思います。


しかし、それがすべての人に対して
有効ではないと思うのです。



そう言うと、
「その方法を忠実に実行したかどうかの差だよ。」
と言って、否定する人もいます。


でも、私はそうは思いません。


実際にやってみても、
効果が出ないということはあるのです。


「それは、効果が出るまでやり続けないからだよ。」


効果の出方が人それぞれだからと言うのですが、
それでは万人に等しく有効とは言えないでしょう。




しかし、だからと言って、成功するための法則が
この世に存在しないと言っているわけではありません。


むしろその逆で、その方法はあると思っています。


それは、思い切って飛び込んでみることです。



要は経験を積むということになりますが、
実体験の中からしか、自分にあった方法は
見つからないと思うのです。


多くの人は、どうしても不安があります。


「やってみて失敗したらどうしよう?」


そう思うから、成功する方法を探し、
ノウハウコレクターになってしまうのです。


けれども、本当のノウハウは、
実体験の中からしか学べません。


「なんとかなる。やってみよう。」


その決意をするまでは、
本物のノウハウを学べないと思うのです。





もしそうだとすると、退職金を全部つぎ込んで
新たな商売を始めるというようなやり方は、
得策ではないことがわかります。


たとえば退職後に蕎麦屋をやりたいと思っているとき、
いきなり店を構えるというのは、危険すぎます。


実体験するということは、失敗を繰り返すことです。


1度の失敗で立ち上がれないほどの損失を被るのは、
危ない方法だと思うのです。



もちろん、どんな大損害を負ったとしても、
人は何度でも立ち上がることが可能です。



それは、過去にそういう人が何人もおられますから、
その経験を知ることでわかると思います。


けれど、諦めて立ち上がらなかった人の方が、
はるかに多いというのも事実です。


だとすれば、
いきなり退職金をすべて投じて店を持つより、
どこかの蕎麦屋に入って、修行させてもらうとか、
屋台のように投資額が少ない方法で始めるというのが
有効な方法だと思うのです。



何かをするために知っておいた方がよいという知識は、
それこそたくさんあるでしょう。


でも、それが全部揃わないと始めないという姿勢では、
いつまでたっても始められません。


やると決めたら、思い切って飛び込んでみることです。


知識は、走りながら身につけるくらいのつもりで、
まずは始めてみることが良いと思います。

posted by ジャンメダイ at 20:40| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★ブログランキングに参加しています。★
1日1回、ポチッ↓↓↓とご支援ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。